TOP
らーめん (かなで)
奏外観

住   所 昭和区阿由知通1-9
電話番号
営業時間 11:30〜14:00
18:00〜21:00
定 休 日 月曜夜、火曜、金曜夜
駐 車 場 2台
移転前は こちら

メニュー  (17年9月9日訪店時)
しょうゆらーめん(小) 600円 しおらーめん(小) 600円
しょうゆらーめん(中) 680円 しおらーめん(中) 680円
しょうゆらーめん(大) 730円 しおらーめん(大) 730円
しょうゆチャーシューメン 880円 しおチャーシューメン 880円
台湾らーめん 850円 にぼしそば 700円
麺 替玉 100円
味玉 100円 バラのり 100円
チャーシュー2枚 200円 スペシャルトッピング 350円



にぼしつけめん(700円)
にぼしつけめん

 この日はデフォの塩を食べようと思いながら向かいましたが、券売機の前で変更。にぼしそばのところに「つけめんできます」と有ったので、その気になりました。
 旨味の強いつけ汁と、自家製細麺の組み合わせが絶妙。つけめんとしてちゃんと成り立っているのです。
 厚切りのしっとりチャーシューは肉の美味さが伝わってくるもの。これを食べるだけでも値打ちが有ります。
 途中でつけ汁の器をひっくり返してこぼしてしまうハプニングもありましたが、美味しくいただけました。
(17年9月9日訪店)

冷たいしおらーめん(700円)
冷たいしおらーめん

 この日限定気まぐれメニュー。桜えびをきかせた冷たいスープのしおらーめんとのことです。
 スープが冷たくなると塩気も多くなりがちですが、全くそんなことも無く。桜えびも思ったより幅を利かせていなく、柔らかな風味を付けている感じ。
 パッツリした麺と、冷たくても美味しいチャーシュー。
 めちゃくちゃ美味かったです。
(17年6月24日訪店)

にぼしそば(700円)
にぼしそば

 前日に食べた煮干しと比較しようと思い訪問。
 とは言っても作り方が全然違いますよね。こちらの煮干しは、大量に強火で煮つぶしたものだそう。確かにそんな色をしたスープです。昨年末に食べたWalkerの限定のやつと比べると、ちょっと色が薄いかな。
 ニボ具合は想定内で、苦味も強烈という訳でもなく。マニア向けの一歩手前という感じでしょうか。それでも旨味は強く、前日のやつよりコチラの方が好きですね。
 太縮れ麺はモチリとした食感、レアなチャーシューは肉厚でしっとり。
 もっとハードでエゲツナイやつも食べてみたいな。
(16年11月12日訪店)

鶏と関ヶ原たまりの冷やしカッパそば(700円)
冷やしカッパそば

 キュウリをたくさんもらったとのことで、キュウリが有るまで提供された冷やしカッパそば。5/29日で提供は終わっています。
 冷製鶏スープに色の濃いたまり醤油がキリリと引き締めたスープ。カエシの味が際立ち、蕎麦のつけ汁みたいな味だ・・・と思いながら食べ始めると、油を入れ忘れたとのことで別皿で出てきました。油が入ると全く別モノ。一気に冷たいラーメンのスープに。
 しなやかな舌触りでパツンとした食感の細ストレート麺に、フルーティーな酸味のキュウリが爽やか。
 暑い日にサッパリといただくことができました。
(16年5月28日訪店)

しょうゆらーめん(中) 680円
しょうゆらーめん(中)

 今年は周年記念の日に都合が付かず、ちょっと遅れての訪問となりました。
 土曜のランチタイム、外待ちができていました。今回はしょうゆを食べると最初から決めていて、(中)の食券を購入。
 醤油の香りが良く、鶏の旨味に溢れたスープ。しみじみ美味い、最後まで飲み干したいと思わせるものです。
 自家製の細平打ち縮れ麺は、モチリとした歯ごたえと滑らかな舌触り。チャーシューは小ぶりながら肉厚で、肉本来の旨さが味わえます。
 海苔はスープに磯の香りをプラス、メンマはシャクシャクした歯ごたえが良し。
 素材にこだわり、手間暇かけた一杯、美味しくいただきました。
(16年3月26日訪店)

直球にぼしそば(850円)
直球にぼしそば

 ラーメンWalkerの限定、東京「くじら食堂」とのコラボ麺。そんなに急がなくても無くならないだろうと思い、昼の部の開店少し前に到着すると既に長蛇の列。なんとかギリギリ間に合いました。開店してすぐに昼の分は終了です。
 カエシはほんの少しで、煮干しのエグみと苦味を旨味に加えたマニア向けの構成。香りも口当たりもド直球のニボ加減、もちろん完汁しました。
 手もみで縮れを加えた太麺は、ムチっとした歯ごたえとツルリとした舌触り。
 チャーシューは言うまでも無く、安心していただけるもの。スープは強烈なだけに、具材はシンプル。
 帰り際に店主から「苦くありませんでした?」と問われ、そんなことなかったですよ、と返しましたが、正直なところもっと苦々しいのを想像していました。さらにえげつないバージョンとかでも食べてみたい気がします。
(15年12月6日訪店)

しおらーめん(中) 680円
しおらーめん(中)

 かえる跡地に二回目の移転をした奏。かえる時代の内外装を残しつつ、きれいに仕上がった店内。過去の2店よりも居心地良くなっていますw
 しおらーめん中をいただきます。券売機に書かれた説明によると、鶏と魚介を1:1でブレンドした、魚介たっぷりのタレと合わせたというスープ。あっさりながら旨味が深く、タレ味がやや強め。
 自家製の細麺は中で160g。平たくサックリした歯ごたえが心地良し。相方のしょうゆの麺はやや太め平打ちでもっちりしたものでした。
 具材のチャーシューは部位違いが一枚ずつ。相変わらず安心して食べられる、美味い肉です。
 これで美味くない訳がない。しかも680円。家から近くなったので、訪問頻度も上がるでしょう。
(15年7月20日訪店)