支那(しな)そばや
mozoワンダーシティ店
支那そばやmozoワンダーシティ店外観
住   所 西区二方町40
mozoワンダーシティ1F
電話番号 052-508-5251
営業時間 10:00〜22:30(LO)
定 休 日 無休
駐 車 場 有り
関連ページ こちら

メニュー  (09年6月1日訪店時)
醤油ラーメン 850円 塩ラーメン 880円
お子様ラーメン 600円
半熟玉子 150円 メンマ 100円
昔タケノコ 150円 チャーシュー 200円
白式部 300円



醤油ラーメン トッピング白式部プラス
醤油ラーメン トッピング白式部プラス

 やっと行ってきました、mozo。土日は恐ろしくて行けないので、休みを取った平日に行ってきました。それでも夕食時には各店待ち有り。恐るべしです。
 言わずと知れた“食材の鬼”佐野実氏の息の掛かった店。先日本店を 訪問した際に注文したものと同じメニューをあえて注文。
 巷では高い高いと評されていますが、デフォは本店とほぼ同額またはちょい安。トッピング類はちょっと高いですね。 佐野氏はかつて、希薄な素材の発注量を確保する為に、弟子を取って独立させ、同じ素材を使ってもらう「加盟店」方式を採用し、 食材の斡旋はするが、マージンを取らないという方式を取っていたと聞いています。今はたぶん違うと思いますので、 値段設定の真相は分かりません。
 さて、まずはスープから。一口飲んだだけで本店との違いが分かるのは、タレ加減ですね。かなりマイルドというか飲みやすいというか。 ダシの旨味はさほど感じられず。おそらく、メニューの裏にある薀蓄通りの材料は本店同様に使用しているのでしょう。いい素材を 使っても、それが適量で旨味をちゃんと引き出せているかどうか、が問題です。化調感はそれほど気になりませんでした。まぁ、佐野氏は 化調を肯定も否定もしていませんので、どちらでもいいかと。
 麺はやや柔らかめの茹で加減。支那そばやの系列は昔っからこんな感じですね。どこで製麺したものなのかは分かりませんが、 粉のブレンドは同じような気もします。
 チャーシューについてはかなり劣悪。メンマはよく覚えていません。小龍包風ワンタンである白式部は同じ物を仕入れているのでしょう。 外形もタネの大きさも味付けも本店と変わり無いように思いました。この白式部、やっぱり美味しくないです。高いだけでオススメしません。
 店員は外国人ばかりで、店長さんまでも外国の方。テナント料を人件費と材料費で穴埋めしたのかな。
(09年6月1日訪店)