一郎(いちろう)
一郎外観
住   所 中川区昭和橋通6-31
電話番号 052-369-3728
営業時間 11:00〜14:00 17:00〜3:00
定 休 日 月曜日
駐 車 場 6台

メニュー  (13年1月24日訪店時)
博多ラーメン 650円 もやしラーメン 800円
キムチラーメン 800円 高菜ラーメン 800円
ワンタンメン 800円 煮玉子ラーメン 800円
焼玉子ラーメン 800円 ねぎばかラーメン 850円
チャーシューメン 950円 小ラーメン 450円
博多名物替え玉 150円 各大盛り 150円
激辛コース 小辛 50円 激辛コース 中辛 100円
激辛コース 大辛 150円



ねぎばかラーメン
ねぎばかラーメン

 特命係長Z 原点回帰シリーズ第7弾は、昭和橋通の一郎。前回の訪問はこの時。 第6弾の中華一番同様、12年前の勤務地から近く、会社の仲間とよく行ったものです。
 店内は昔から変わっていないですね。入った瞬間の野獣臭と、ぬめった床。これぞ本物の証w。壁一面にラーメンの系譜とか歴史が書かれていたような記憶がありますが、これはもうありません。
 当時から注文はいつも"ねぎばか"。ねぎ好きにはたまらない響きです。今回気付いたのが、前回よりも全メニュー値段が下がっていること。ねぎばかを例にすると、800円(東海ウォーカー1999年1月19日号)→800円(2003年訪問時)→950円(2009年訪問時)→850円(今回)。 見た目ではネギの量も変わっていないようで、これは値下げと捉えて良いのかな。
 スープはしっかり豚骨、タレ味はやや濃い目。1997年のオープンから15年以上続いているのは、地域に受ける味にしているからだと思います。
 麺は博多のトリオ製麺から直送・・・らしい。林の麺箱が置いてあるのは、餃子類は林から、ということらしいのですが、なんとも紛らわしい。茹で加減は聞かれませんでしたが、固すぎず柔すぎず。
 過去の雑誌記事を読むと、ねぎばかにもコーンが入っているようことが書いてありましたが、コーンは無し。現在もデフォにコーンが入っているかは確認できていません。
 食べてる最中も、食べた後も、口の中がネギ臭いこと。でもこれがイイんです。これぞねぎばか。
(13年1月24日訪店)

ねぎばかラーメン
ねぎばかラーメン

(09年3月27日訪店)

ねぎばかラーメン
ねぎばかラーメン

 久し振りの訪店。やっぱりねぎばかを注文してしまいます。
 こってりだけど塩分は控えめのスープ、美味いです。固めに茹でた極細麺と大量のねぎがよく合います。
 ねぎは完全に具の一つになり、レンゲでねぎをすくって食べるといった感覚。辛味が少なめなので、食べやすいです。
 早く食べてしまえば、スープもそれ程ぬるくならず、美味しくいただけます。
(03年11月18日訪店)